PR
楽天市場でダイエット健康部門1位に輝いた話題のダイエットティー

セルライトが出来る原因

セルライトはこうして出来る!


「なぜセルライトができるんでしょうか?」
疑問ですよね???


セルライトの原因を調べたのでご覧下さい♪


セルライトの主な原因は、運動不足 ・加齢 ・ むくみ ・
冷え性 ・ホルモンバランスの変化といわれていて、
それぞれ原因が説明されている場合もありますが、

基本的にこれらは繋がりあってセルライトの原因となっています。


セルライトは
血管に浮遊した皮下組織の脂肪細胞に老廃物が付着したり、
脂肪細胞そのものがお互いに結合することで生成される。



血行が悪くなれば、
それだけセルライトのできやすい状況になってしまいます。

セルライトの1番の大きな原因は
血行などの循環機能であるといえます。



血行が悪くなる原因として、『運動不足』や『加齢』などがあり、
『むくみ』や『冷え性』も血行が悪くなる原因で、
血行不良が更に悪化すると『むくみ』や『冷え性』を引き起します。


ホルモンバランスにしても、
ホルモンが運ばれるのは主に血液やリンパ液によってです。



血液やリンパ液の循環が悪くなれば、
それだけホルモンが行き届かずに
細胞の正常な機能が働かなくなります。



セルライトができやすい部分は
『太もも』や『ふくらはぎ』『お尻』といった下半身に多いのすが、
その原因は上半身と比べ、下半身の方が血行が悪い為です。



セルライト除去対策としてまず必要なことは、
セルライト生成の大きな原因となる
循環機能の改善にあるといえるでしょう。


セルライトができる原因には脂肪細胞の存在が大きく関わっていて、
セルライト除去を考える上で最も大きく関わっている脂肪細胞とは、
そもそもどういうものなのでしょうか。




脂肪細胞とは
体内で脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞のことを言います。


脂肪細胞での脂肪蓄積量が増大していくと、
体脂肪率が上昇し、肥満になります。




今までは、脂肪細胞は最初のうちは増加するものの、
一定の年齢を超えると増加せずに細胞が肥大するため
肥満が起こると考えられていましたが、

最近の研究で一定の年齢を過ぎても
脂肪細胞が増殖することが明らかになりました。



脂肪細胞が最も増えるのは、胎児期 ・ 乳児期 ・ 思春期ですが、
思春期を過ぎてもまだ増殖するので、
大人になってもセルライトができる原因が減るわけではありません。



人間の体内にある脂肪のうち、いちばん多く体に蓄えられるのは、
中性脂肪で一部が肝臓に蓄えられるほかは、
脂肪細胞に蓄えられます。



脂肪細胞は成人の場合で約250億〜300億個あり、
脂肪細胞自体の大きさが3〜4倍にまで膨張します。




また、脂肪細胞は他の細胞とは違い、
いったん脂肪細胞の数が増えてしまうと、
ほとんど死滅することがありません。



ダイエットなどによって見た目が痩せても、
脂肪細胞のサイズが小さくなっただけで
脂肪細胞の数は減りません。



つまり、
セルライト除去の必要性がずっとつきまとうことになるんです。



ちなみにセルライトが増えることで、
美容的な面で症状がでてくる可能性があるんです!



セルライトが少量であれば、見た目もそれほど目立った点はなく、
ちょっと『むくみ』や『肌荒れ』が気になる程度で済みます。



しかし、セルライトの量が増えてくると、
通称オレンジピールと呼ばれる皮膚表面が凸凹した状態になります。



この程度になると
セルライトはかなり進行していると考えていいでしょう。



肌がデコボコの状態になってからでは、
セルライト除去はかなり難しくなります。



表面に見えなくても女性の8割はセルライトがあるといわれているので、
日ごろのセルライト予防対策が必要です。




posted by ぷぷ at 15:36 | セルライトとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。